【遊戯王環境情報】2021年7月に大会で活躍したテーマデッキを一覧で紹介!

20217月も終盤となったところで、今月の大会環境を振り返っていきたいと思います。

依然変わらず遊戯王の大会を開催するのも参加するのも感染対策が必要ではありますが、大会環境は多くのユーザーに関係があることですので紹介させていただきます。

【遊戯王OCG】2021年7月の大会環境を軽くおさらい!

7月上旬に関してはこれまでと同じく群雄割拠と言える大会環境であり、環境上位や中堅などといった使用率や勝率の違いはあれど様々なデッキが好成績を残すこととなりました。

しかし717に基本パックであるバースト・オブ・デスティニーが発売し、その影響で大会環境に動きが生まれました。

強力な新規テーマ「相剣」と「ふわんだりぃず」、大幅強化された「イビルツイン」といった新たな勢力が大会で優勝するほどの活躍をしています。

少なくとも7月末現在時点における新勢力の活躍は目覚ましいものがあり、優勝記録が増えると同時に大会での使用率も着実と上昇しています。

「相剣」デッキ等が活躍するのに対し、他の環境デッキではサイドデッキにメタカードを採用したりといった対策も講じられています。

バースト・オブ・デスティニーが発売してからまた二週間も経っていませんが、新テーマである「相剣」や「ふわんだりぃず」は大会環境においても多くのユーザーの注目を集めている期待の新星と言えるでしょう。

今のところ新勢力の活躍は流行という意味合いが強く、他の大会環境デッキに対して圧倒的に強いというわけではないようです。

2021年7月に大会環境で活躍したテーマデッキを一覧で紹介!

「相剣」デッキ

幻竜族を主軸としたシンクロテーマであり、チューナートークンを生成することや少ない手札消費から高レベルシンクロモンスターに繋げられる動きが大きな特徴です。

トークン生成効果を持つ「相剣」モンスター、それらをリクルートできる「白の聖女エクレシア」等を使うことで素早く展開を行いシンクロ召喚をしていけます。

「相剣大師-赤霄」「魔救の奇跡-ドラガイト」「フルール・ド・バロネス」等といった制圧力のあるシンクロモンスターを出すことで相手の戦術妨害を図ったり、レベル8シンクロモンスターを出すことが容易である故にランク8エクシーズを出すことも出来るため状況に応じた戦い方が出来ます。

採用する「相剣」カードをモンスターの展開やデッキを回すために必要なものに絞ることで、残りの枠に手札誘発モンスターやその対策カードを採用して対応力を上げている構築が主流です。

当サイトでは「相剣」テーマデッキの紹介を行っております↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新規テーマ「相剣」が登場します。 そこで今...

「ふわんだりぃず」デッキ

鳥獣族を主軸としたテーマであり、追加召喚を駆使することで自分のターンだけでなく相手ターン中でも展開や高レベルモンスターのアドバンス召喚を行えるのが特徴です。

特殊召喚を行わない故に「強欲で金満な壺」「強欲で謙虚な壺」等のドローソースや手札の質を向上させるカードをフル投入できるため、それらを使うことでデッキの安定力も上げられる点は大きいです。

エクストラデッキをコスト用にしか使わないこともあり、「ドラグマ」との混合構築をしているケースも見られます。

当サイトでは「ふぁんだりぃず」のデッキレシピを紹介しております↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新たに「ふわんだりぃず」テーマが登場します。 ...

「イビルツイン」デッキ

悪魔族を主軸としたリンクテーマであり、「キスキル」「リィラ」「イビルツイン」「ライブツイン」といった複数のカテゴリのサポートカードを駆使することでリンクモンスターの展開や効果の活用をしていけます。

新たにリンク4モンスターであるEvil★Twin’s トラブル・サニー」が登場し、打点等の様々な面で「イビルツイン」テーマが強化された影響はかなり大きいです。

展開の要となるLive☆Twin キスキル」Live☆Twin リィラ」がお互いにリクルートし合えることから必要最低限のカードのみでもしっかり動けるため、デッキの半分近くを手札誘発モンスターや汎用妨害カード等に出来るという点も大会で活躍しやすい理由の一つでしょう。

「電脳堺」デッキ

3の倍数のレベルやランクを扱うテーマであり、高い展開力とエクストラデッキの様々なモンスターを駆使できる対応力の高さが大きな特徴です。

「真竜皇V.F.D.等を使った制圧盤面の構築だけでなく高打点のモンスターで切り返しも出来ることから大会環境では上位として好成績を残し続けています。

相手によって戦術を切り替えたり、相手が展開を始める前に妨害していける盤面を安定して作れることは大会環境で活躍するための需要な要素であることがよく分かります。

当サイトでは「電脳堺」デッキレシピの紹介を行っております↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジにて新規テーマ「電脳堺」の情報が判明しました。 既に「電脳堺」モン...

「ドラゴンメイド」デッキ


ドラゴン族を主軸とした融合テーマであり、下級モンスターと最上級モンスターが入れ替わるようにしてフィールドに出る動きが特徴的です。

展開効果と除去効果で一気に攻勢に出られる「ドラゴンメイド・ハスキー」、展開効果だけでなく制圧力もある「ドラゴンメイド・シュトラール」を駆使することでデュエルを有利に進められることから以前から大会環境で活躍し続けています。

性能もさることながらイラストアドの高さもあり、多くのデュエリストから人気の高いテーマでもあります。

まとめ!

2021年7月に環境で活躍したテーマデッキの紹介を行っていきましたが、参考になりましたでしょうか?

2021年7月はバースト・オブ・デスティニーに収録されたテーマ群が早速大会で結果を残す快挙を成し遂げました。

2021年8月も緊急事態宣言中ということもあり、大会が中々思うように行えない環境ではあるかと思いますが、8月環境も「相剣」や「ふわんだりぃず」を見かける機会が多いでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする