【遊戯王環境予想】2021年5月の大会環境で活躍するテーマデッキを予想!

20214月も終盤にさしかかったところで、5月の大会環境で活躍しそうなテーマデッキを予想していきたいと思います。

新型コロナウイルスの影響もあり大会を開催するのはもちろん参加するのも大変な時期ではありますが、4月に行われた非公認大会などの結果を踏まえた上で5月の大会環境について考えていきたいと思います。

2021年4月の大会環境を軽くおさらい!


4月の大会環境ですが、新型コロナウイルスの影響で開催できた大会自体があまり多くなかったこともあってか、3月以前と比べて大きな動きはありませんでした。

活躍しているテーマデッキについてですが、大会によって使用率の多さなどには差があったもののこれまでの環境上位で活躍していたデッキが引き続いて活躍していました。

中でも、大会環境で活躍しているのも見慣れてきた「エルドリッチ」好成績を残した数も使用率も上昇傾向にある「十二獣」あるいは「トライブリゲード」との混合デッキ

安定した運用と展開力を持つ「コード・トーカー」は昨今の大会環境で比較的多く活躍しています。

もちろん今挙げた以外にも、大会環境常連の「閃刀姫」や「サンダー・ドラゴン」、妨害性能の高い「召喚獣」と「シャドール」の混合デッキ等の様々なテーマデッキが好成績を残しました。

4月中旬には基本パック ドーン・オブ・マジェスティが発売しましたが、大会自体が少なく発売からあまり経っていないこともあってかドーン・オブ・マジェスティで登場あるいは強化されたテーマが大会環境で活躍したという話は今の所多くはありません。

これらを踏まえて5月の大会環境を予想していきたいと思います。

2021年5月の大会で活躍するテーマデッキを予想!

「サンダー・ドラゴン」デッキ

雷族で統一された「サンダー・ドラゴン」モンスターを主軸とし、手札から捨てて発動する効果や除外された場合に発動する効果を使って展開やアドバンテージの獲得を行っていくのを得意としています。

既に長い間大会環境で活躍しているテーマデッキであり、規制を受けてなお一線級の戦いが出来る辺りがこのデッキの強さを裏付けしています。

光属性と闇属性を扱うこと、除外がメリットになり得ることから「カオス」要素を取り込んだデッキタイプが主流であり安定してデッキを運用することが出来ます。

昨今の大会環境では使用率が多少下がっていますが、サーチ効果を多用する回転力の高いデッキ「超雷龍-サンダー・ドラゴン」の効果が刺さる点は変わっていないので5月での活躍も期待できるかと思います。

また当サイトでは「サンダードラゴン」デッキレシピの紹介も行っております↓

2020年ももうじき半分が終わるという所で、大会環境で活躍しているテーマデッキの中でも常連で有名な「サンダー・ドラゴン」デッキについ...

「閃刀姫」デッキ


墓地に魔法カードを溜めることで「閃刀」魔法カードの追加効果を発動したり、「閃刀姫」リンクモンスターを切り替えながらアドバンテージを獲得していくことを得意としています。

メインデッキに採用するモンスターが少ないことも特徴で、モンスターを複数体並べることがあまりないこともあって「魔鍾洞」といったロックカードで相手の展開を封じることも狙えるため強力です。

また手札誘発モンスターや汎用性の高い魔法カード等も採用しやすいため、デッキ内容については作った人の好みが出やすいです。

「天霆號アーゼウス」「アクセスコード・トーカー」等の強力なモンスターを少ない消費で出されることが珍しくない昨今でも着実と結果を残しているテーマデッキであり、その高い性能だけでなくイラストアドの人気もあって5月でも活躍できると予想します。

また当サイトでは「閃刀姫」デッキレシピの紹介も行っております↓

2021年4月から適用されるリミットレギュレーションにて、今まで規制されていた「閃刀機関-マルチロール」が制限解除されます。 ...

「幻影騎士団」デッキ

闇属性を中心とした「幻影騎士団」カードを使い、墓地利用をすることで高い展開力と安定力で強力なエクシーズモンスターやリンクモンスターに繋げてビートダウンを行っていくテーマデッキです。

「アーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」FNo.0 未来龍皇ホープ」等は文句なしに切り札級の性能をしていますし、エクシーズモンスターを扱う以上当然採用する「天霆號アーゼウス」の存在も心強いです。

またNo.75 惑乱のゴシップ・シャドー」と合わせることでNo.86 HC ロンゴミアント」のエクシーズ素材を増やし、強固な耐性・高い打点・相手の召喚と特殊召喚封じをすることで最序盤から相手を制圧しにいくという運用も強力です。

墓地を肥やしつつ展開へと繋がる「未界域」を合わせて採用する構築が主流であり、4月環境でも好成績を残したように5月も活躍してくれるでしょう。

また当サイトでは「幻影騎士団」デッキレシピの紹介も行っております↓

2020年8月8日に発売予定の基本パック、ファントム・レイジで「幻影騎士団」テーマに新規カードが加わることが判明しました。 ...

「デスピア」デッキ


ドーン・オブ・マジェスティで登場した新規テーマであり、光属性や闇属性のモンスターを使った融合召喚をすることでビートダウンや制圧を狙えることが特徴です。

登場前から同じ融合召喚を主軸としたテーマである「召喚獣」や「シャドール」との相性が注目されており、3種のテーマを1つのデッキに混合させた通称「デスピア召喚シャドール」デッキは4月に行われた大会でも好成績を複数残しました。

融合召喚やその素材にしたモンスターの効果でアドバンテージを稼いだり制圧盤面を構築することでデュエルの流れを掴んでいけるので、プレイングの慣れや構築内容の試行錯誤次第で戦績が変わりやすいデッキとも言えるでしょう。

大会環境の上位になれるかは正直分かりませんが、昨今注目されているテーマデッキということもあり今後の期待も込めて5月の活躍予想に入れさせていただきました。

また当サイトでは「デスピア召喚獣」デッキレシピの紹介も行っております↓

ドーン・オブ・マジェスティにて新たな融合テーマである「デスピア」が登場したことで、一部ではこれまで大会環境でも結果を残していた「召喚...

【遊戯王環境予想】2021年5月の大会環境で活躍するテーマデッキを予想!まとめ!!

2021年5月に大会環境で活躍すると予想できるテーマデッキをいくつか紹介してきました。

2021年4月はコロナウイルスの影響でほとんど大会が行われませんでしたが、5月はゴールデンウィークでカード店が盛り上がる時期ではあるものの、緊急事態宣言の関係で大会はほとんど行われないことが予想されます。

私個人としては緊急事態宣言が落ち着き、1日でも早く大会が平常に行われる日が来ることを望むばかりです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする