【遊戯王OCG】2021年10月リミットレギュレーションで規制緩和されるカードを予想!

20219月の中旬ごろには、10月から適用される遊戯王OCGリミットレギュレーションが発表されるかと思います。

そこで今回は10月適用のリミットレギュレーションで規制が緩和されるカードを予想していきたいと思います。

あくまで予想ですので、必ず当たるというわけではない点は予めご承知おきください。

2021年9月現在までの環境を軽くおさらい!


リミットレギュレーションの改定で規制が緩和されるカードですが、大会環境の調整が主な理由になるかと思われます。

規制を受けて弱体化し、それきり長らく大会環境で活躍しなくなったテーマに関連するカード等は規制緩和として選ばれやすい傾向にあります。

ですのでまずは前回のリミットレギュレーションが適用された7月から現在の9月までの大会環境について簡単に振り返っていきます。

7月から9月現在までの大会環境ですが、全体としては群雄割拠な環境が続いていると言えます。

具体的には「電脳堺」「エルドリッチ」「相剣」「ふわんだりぃず」「閃刀姫」「セフィラ」「オルフェゴール」「プランキッズ」「トライブリゲード」「ドライトロン」等々多種多様なテーマが大会環境で好成績を残しました。

活躍しているテーマデッキは注目を集めやすいですが、規制による弱体化以降大会環境でほとんど活躍していないテーマデッキもいくつかあります。

今回はそれらをもとに規制緩和されるカードを予想していきたいと思います。

2021年10月のリミットレギュレーションで緩和されるカードを予想!

「虹彩の魔術師」準制限カード化


遊戯王OCG 虹彩の魔術師 スーパーレア SD31-JP003-SR 遊☆戯☆王ARC-V [STRUCTURE DECK -ペンデュラム・エボリューション-]

闇属性・魔法使い族モンスターが相手に与える戦闘ダメージを倍にするペンデュラム効果、破壊された場合に「ペンデュラム・グラフ」カードをサーチするモンスター効果を持つペンデュラムモンスターです。

「魔術師」デッキにとって「ペンデュラム・グラフ」カードはどちらも有用な効果を持っていることに加え、能動的に使える破壊効果と合わせることで積極的にアドバンテージを稼げる点が優秀なカードです。

最近の環境では「魔術師」デッキは活躍していないため、個人的な願望を含めて緩和されて欲しいカードです。

海外版の遊戯王では日本版よりも厳しい規制を受けていましたが、20217月の規制改定で準制限カードに規制緩和されていましたのでそれに続く形で日本版でも緩和される可能性はあるでしょう。

「ペンデュラム・コール」制限解除


遊戯王OCG ペンデュラム・コール パラレル仕様 SD29-JP026-P 遊戯王アーク・ファイブ [STRUCTURE DECK -マスター・オブ・ペンデュラム-]

手札1枚をコストに「魔術師」ペンデュラムモンスター2種をサーチでき、このカード自体の消費も含めれば22交換となる通常魔法カードです。

このカードの発動後ペンデュラムゾーンの「魔術師」カードは効果破壊耐性を得られますが、相手に除去されづらくなるというメリットはあるものの、前述した「虹彩の魔術師」のように能動的に破壊する運用と相性が悪いというデメリットもあります。

そのため大会環境で結果を残すような「魔術師」デッキでは採用を見送るケースも珍しくなかったカードです。

最近の規制改定で緩和傾向にあるため、今回の規制改定で制限解除される可能性は十分あるでしょう。

EMドクロバット・ジョーカー」制限解除


遊戯王 DP23-JP050 EMドクロバット・ジョーカー (日本語版 ノーマル) デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編6-

召喚成功時に「EM」モンスター、「魔術師」ペンデュラムモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内いずれか1枚をサーチする効果を持つペンデュラムモンスターです。

サーチ先が幅広いため、「EM」「魔術師」「オッドアイズ」それぞれのテーマデッキや複数を混合させたデッキでは起点として活用しやすい便利なカードです。

20214月に制限カードから準制限カードに規制緩和されましたが、それ以降も「魔術師」や「EM」デッキが大会環境で活躍していないことから更なる緩和として制限解除することが予想されます。

「転生炎獣の炎陣」制限解除


遊戯王カード 転生炎獣の炎陣(スーパーレア) ソウルバーナー(SD35) | ストラクチャーデッキ サラマングレイト・サークル 速攻魔法 スーパー レア

「サラマングレイト」モンスターのサーチまたは転生リンク召喚した「サラマングレイト」リンクモンスターに耐性を付与できる速攻魔法カードです。

サーチ効果を持つだけでも「サラマングレイト」デッキの安定力を向上させる便利カードであり、状況に応じた様々なカードを引き込むことで展開などに繋げられます。

昨今の大会環境での「サラマングレイト」デッキの活躍は多くは見られませんし、「転生炎獣ガゼル」が制限カードに規制されている以上全盛期に戻るとも言えないため「転生炎獣の炎陣」が緩和されることはあり得るかと思います。

「緊急テレポート」制限解除


遊戯王OCG 緊急テレポート ノーマル パラレル 20AP-JP065-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

レベル3以下のサイキック族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚できる速攻魔法カードです。

非常に優秀な展開効果を持つことからサイキック族デッキでは積極的に採用を見込めるカードでもあります。

デッキビルドパック グランド・クリエイターズで登場した「P.U.N.K.」テーマデッキやワールドプレミアパック2021で登場する「ミュートリア」テーマデッキにとっても採用優先度が高いカードですので、新規テーマへの追い風として規制緩和される可能性はあるかと思います。

大会環境で活躍中の「電脳堺」の強化にも繋がりますが、次の規制改定で「真竜皇V.F.D.が禁止カードに規制強化されるのであれば「緊急テレポート」の緩和によってデッキパワーを調整するということもあり得るでしょう。

【遊戯王OCG】2021年10月リミットレギュレーションで規制緩和されるカードを予想!まとめ!

2021年10月に緩和されるカードを予想してきましたが、恐らく緩和については様々な意見があるかと思います。

個人的には、今回紹介した通り、最近ではマスタールールの改訂で弱体化を余儀なくされた「魔術師」テーマの強化ということで「虹彩の魔術師」「EMドクロバット・ジョーカー」は緩和されると、嬉しいですね。

また、大会で最近は見かけることの少なくなった「サラマングレイト」も今回の規制緩和で、強化されるのを期待しています。

2021年10月の緩和がどの様な形になるのかが楽しみです。

2021年10月のリミットレギュレーションに関しての記事はコチラ↓

2021年9月には10月から適用される遊戯王OCGのリミットレギュレーションが発表されます。 例年通りであれば9月の中...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする