【遊戯王OCG】2021年10月リミットレギュレーション発表!今回の禁止制限は?

 

本日2021年10月12日(日)21時頃に2021年10月に適用されるリミットレギュレーションが発表されました。

 

今回の禁止カードは2種

制限カード2種

準制限4枚

制限解除が4枚となっております。

 

早速その結果を見ていきたいと思います!!

 

【遊戯王OCG】2021年10月のリミットレギュレーション発表!!

 

2021年10月のリミットレギュレーションは冒頭でも紹介した通り、

 

禁止カード2種

制限カード2種

準制限4種

制限解除4種となっております。

 

禁止カード

・魔鍾洞

・真竜皇V.F.D.

 

制限カード

・PSYフレームギア・Y

・天霆號アーゼウス

 

準制限4枚

・魂喰いオヴァラプター

・レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

・強欲で貪欲な壺

・抹殺の指名者

 

制限解除

・未界域ネッシー

・転生炎獣の炎陣

・精神操作

・ペンデュラム・コール

 

まとめ!

 

編集中

 

今回の2021年10月のリミットレギュレーションの結果が判明しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

個人的には、やはり前回よりも規制が厳しくなった様にも見えますが、実際のところは、「やっぱりか〜」と言いますか、「やっとか・・・」というのが正直な感想です。

 

特に「真竜皇V.F.D.」の禁止カード化については、予想していた人も多く特別驚いた人も少なそうなイメージでした。

 

しかし、個人的には「魂喰いオヴァラプター」の緩和は非常に嬉しく、恐竜族テーマには必須モンスターだっただけに、準制限に緩和したのを嬉しいを思った人も多いのではないでしょうか?

 

その他にも「サラマングレイト」デッキに必須の「転生炎獣の炎陣」の緩和は最盛期ほどのパワーとはいかないものの、デッキの力を取り戻せたのも個人的には嬉しい緩和でした。

 

今回、規制のかかると思っていたカードのいくつかはノーマークでしたが、今回の規制で環境がどのように変わっていくのかが、今後の見どころです。

 

2021年10月のリミットレギュレーションの予想はコチラ↓

【遊戯王OCG】2021年10月リミットレギュレーションで規制緩和されるカードを予想!

 

2021年10月のリミットレギュレーションで弱体化するテーマの紹介はコチラ↓

2021年10月リミットレギュレーションの規制強化で弱体化するテーマデッキを紹介!今回の感想は?【遊戯王OCG】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください