2020年10月のリミットレギュレーション(制限改定)が公開!感想と評価は?ついにあの2枚が逝ったーー【遊戯王OCG】

2020年10月に適用されるリミットレギュレーション(禁止制限改定)が今回発表されましたね!

今回の発表された2020年10月のリミットレギュレーションについて、感想とともに紹介していきます!

スポンサーリンク

遊戯王OCG2020年10月のリミットレギュレーションは?

今回の2020年10月のリミットレギュレーションですが、

禁止カード2枚

制限カード 2枚

準制限カード3枚

制限解除5枚

という結果になりました。

2020年10月のリミットレギュレーションで禁止になったカードは?

今回禁止カードになった2枚は

・「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」

・「SNo.0 ホープ・ゼアル」

2020年10月のリミットレギュレーションで制限になったカードは

・「宵星の騎士ギルス」

・「ワン・フォー・ワン」

2020年10月のリミットレギュレーションで準制限になったカードは?

・「希望の記憶」

・「天底の使徒」

・「墓穴の指名者」

2020年10月のリミットレギュレーションで制限解除になったカードは?

・「輝白竜ワイバースター」

・「処刑人マキュラ」

・「ネクロフェイス」

・「真紅眼融合」

・「パーソナル・スプーフィング」

スポンサーリンク

2020年10月のリミットレギュレーションについての感想についてのまとめ!!

今回のリミットレギュレーションですが、禁止カードに「ドラグーン」「ホープゼアル」が入っていたことに対しては「やっとか・・・」という感じでした(汗)

制限カードに関しては「召喚師アレイスター」が入っているのではないかと予想したものの、規制の対象にはなっておらず、10月以降の環境でも「ドラグマ」テーマが活躍することが予想されますね。

規制の対象になったカードこそ、少ないものの、今回の規制はキーカードをピンポイントで潰す規制だっただけに、早速デッキの構築を見直さなければなりません。(特にドラグーンに頼り切りだったデッキはますます)

10月の環境は恐らく「ドラグマ」がめちゃくちゃ流行りそうですが、それでも「ドラグーン」を見なくなるのは、ある意味で環境の進歩が期待できますね!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする