遊戯王 2020年1月1日リミットレギュレーション【禁止・制限】の感想と考察!今回は準制限が多し!!

2020年1月1日のリミットレギュレーション【禁止・制限】が本日ついに公開になりました!

今回のリミットレギュレーションは緩和されたカードが多く、規制で組むことが出来なかったテーマデッキが徐々に回復の傾向に向かっている様なラインナップかと感じました!!

早速今回のリミットレギュレーションを紹介して行きます。

1月1日リミットレギュレーション禁止カード

今回禁止カードは2枚となっております。

「外神アザトート」

「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」

今回禁止カードになった2枚はコンボで使われた強力な2枚です。

トポロジック・ガンブラー・ドラゴン

「トポロジック・ガンブラー・ドラゴン」については登場当時からハンデスコンボが悪用されていただけあって、今回の禁止カード化は納得が出来ますね。

これから11期に入ることを考えると、今後このカードが悪用される可能性は0ではありません。

外神アザトート

「外神アザトート」に関しては先行制圧で相手の動きを大きく制限するのに使われていました。

今後このカードが残り続ければ、環境に大きく影響を及ぼすと判断されたのでしょう。

11期がどの様なカードが収録され、ルール変更がどうなるのかは未知数ですが、11期環境のことを考えるとこのカードを禁止にするのも賢明な判断でしょう。

水晶機巧-ハリファイバー

今回「水晶機巧−ハリファイバー」が禁止になるのでは?という声も上がっていましたが、禁止カードとなれば、多くのシンクロテーマが機能するのが難しくなることを考えると、今回規制に入らなかったのは、個人的に良い判断かと感じました。

スポンサーリンク

1月1日リミットレギュレーション制限

今回の制限カードは2枚です。

「十二獣ドランシア」

「終わりの始まり」

個人的に制限カードの枚数がたった2枚というのは驚きました。

十二獣ドランシア

今回「十二獣ドランシア」規制緩和になるのでは?という声が多かったのですが、その予測は当たりました。

「十二獣」に関しては前回のリミットレギュレーションで「十二獣の会局」が規制緩和になった事で、今後「十二獣」が徐々にどのくらい勢いを取り戻すのかが、楽しみですね!

終わりの始まり

「終わりの始まり」「未界域」と相性が良く、ドローの補助として採用されたり、他のテーマでも採用されることがあり、先回りして規制にかかった可能性が考えられます。

1月1日リミットレギュレーション準制限

「オルターガイスト・メリュシーク」

「オルフェゴール・ディヴェル」

「オルフェゴール・ガラテア」

「雷獣龍-サンダー・ドラゴン」

「ユニコールの影霊衣」

「ベビケラサウルス」

「マスマティシャン」

「深海のディーヴァ」

「魔界発現世行きデスガイド」

「闇の誘惑」

「精神操作」

「閃刀機関-マルチロール」

「転生炎獣の炎陣」

「レッド・リブート」

今回準制限は14枚と多く、緩和と規制の割合が約半分と今後デッキを組むのに当たって複数デッキを持っている人にとっては組み直しが忙しくなりそうですね。

「深海のディーヴァ」「魔界発現世行きデスガイド」「ユニコールの影霊衣」など9期で活躍したカード達が緩和され、徐々に力を取り戻しつつあるので、今後の環境とまでは行けなくても中堅テーマとしての強さをキープすることになるかと思います。

10期のカードも準制限カードと規制がかかったことにより、今後これが環境に影響を表すのか?それとも環境に残り続けるのかは11期に出てくるテーマ群にかかってくることかと思います。

1月1日リミットレギュレーション規制解除カード

「E・HERO シャドー・ミスト」

「召喚獣メルカバー」

「妨げられた壊獣の眠り」

「竜呼相打つ」

「名推理」

「連鎖爆撃」

今回制限解除されたカードは6枚です。

E・HERO シャドー・ミスト

「E・HERO シャドー・ミスト」がついに制限解除になった事で、本格的に「HERO」デッキが全盛期の力を取り戻しました。

「E・HERO シャドー・ミスト」が制限になった後も、中堅テーマとして活躍し、種類も増え、着々と展開力と安定力を両立してきたテーマでありますが、ここに来て力を取り戻したという事で、今回環境に入ることが出来るのか、個人的に楽しみな部分でもあります。

他にも「召喚獣」「壊獣」「ペンデュラム」や墓地肥やしとして強力なカードとして使われた「名推理」使われるととウザいと名高い「チェーンバーン」が規制緩和となったので、今後大会での使用頻度がどの様になるのかが見所です。

余談になりますが「名推理」が規制緩和された事で大好きな「推理ゲート」デッキを本格的に稼働出来るのは非常に嬉しい限り!!

今回のリミットレギュレーションのTwitterの反応


今回のリミットレギュレーションで、今後のテーマについてのコメントが多く見受けられました!

中でも環境でも顔を出している「エンディミオン」が全く規制の対象になっていなかったことに対して、「今後環境で暴れまわること間違えない」と予測する声が話題となっております。

まとめ

今回は来年の2020年1月1日リミットレギュレーションが公開されました。

今回は1つクッションを置いて準制限の規制が多かった印象ですが、これが今後どの様に環境に影響するのかがみどころです。

特にダメージを受けたデッキは環境デッキですが、ワンクッション置いた規制という事で大打撃という程ではないかと思います。

大きな変動というより、チクチクと刺さる規制ではありましたが、大幅な変更に常日頃戸惑うぐらいであれば、これぐらいの規制が丁度良い環境であればと考える自分もいたりという感じです。

緩和されたテーマも多く、長いこと押入れに閉まっていたデッキも今後中堅レベルであれば、活躍が期待できるので、早速デッキを漁ってみようかと思います!

こちらでは今回のリミットレギュレーションを予想しております!

照らし合わせてみると面白いかと思います!

遊戯王では年に4回制限改訂が行われるのですが、いつも通りであれば新しいリミットレギュレーションが適用される半月前ほどにその内容が公式から公開...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする