遊戯王 2020年1月のリミットレギュレーションで規制緩和され、強化されたデッキを紹介!!今後大会環境もワンチャン??

202011日適用の新リミットレギュレーションの内容が公開されました。

そこで今回は新リミットレギュレーションで規制緩和されたことによって強化されたテーマデッキについて考えていきたいと思います。

今回緩和されたカード達の傾向を考察!!

まずは規制緩和されたカードを挙げていきます。

「十二獣ドランシア」制限カード化

「深海のディーヴァ」準制限カード化

「ベビケラサウルス」準制限カード化

「魔界発現世行きデスガイド」準制限カード化

「マスマティシャン」準制限カード化

「ユニコールの影霊衣」準制限カード化

EHERO シャドー・ミスト」規制解除

「召喚獣メルカバ―」規制解除

「妨げられた壊獣の眠り」規制解除

「連鎖爆撃」規制解除

「名推理」規制解除

「竜呼相打つ」規制解除

以上の計12枚が規制緩和されたカードになります。

今回も過去大会環境で活躍したことが原因で規制を受けていたテーマカードのいくつかが規制緩和されました。

それだけでなく現在情報公開されている新規テーマの登場に合わせた規制緩和も見受けられます。

様々なカードが規制緩和され、それによって強化されたテーマデッキを紹介していきます。

スポンサーリンク

2020年1月のリミットレギュレーションで緩和され強化されたデッキは?

「十二獣」デッキ

十二獣ドランシア

「十二獣ドランシア」が禁止カードから制限カードに規制緩和されたことで強化されました。

前回の規制改定で「十二獣の会局」が制限カードに復帰し、それに続く形での規制緩和になりました。

「十二獣ドランシア」はフリーチェーンでエクシーズ素材を1つ取り除くことでフィールドの表側表示カード1枚を破壊できる効果を持っており、「十二獣」デッキにおける強力な除去要因としても機能させられます。

自分のターンでは攻めに、相手ターンでは守りに使えるため使い勝手が良いのが大きな利点です。

「十二獣」エクシーズモンスターの共通効果により自身の攻撃力はエクシーズ素材となっているモンスターに寄るため、出来るだけ攻撃力が下がらないようにエクシーズ素材を取り除くと良いでしょう。

優秀なサーチ効果でデッキを回せる「十二獣ブルホーン」や展開に役立つ「十二獣モルモラット」の規制緩和はまだですが、いずれは全盛期の力を取り戻すことが出来るかもしれません。

「影霊衣」デッキ

ブリューナクの影霊衣

「ユニコールの影霊衣」が制限カードから準制限カードに規制緩和されたことが強化に繋がりました。

「ユニコールの影霊衣」はレベル4であるため儀式召喚しやすく、手札の自身をコストに「影霊衣」カードをサルベージする効果、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を無効化する永続効果の2つを持っています。

レベルが低いこともあり「儀式の準備」等でもサーチができ、自身のサルベージ効果と併せれば墓地の儀式魔法カードと「影霊衣」カード1枚ずつを手札に加えられるためその後の動きに繋げやすいです。

永続効果も強力であり、展開や除去をエクストラデッキに依存しているデッキにとっては非常に厄介なロックとなります。

攻撃力が2300であること、効果は無効化されても攻撃は抑制できないこと、通常召喚はもちろん蘇生や帰還したモンスターにも効果の無効化は出来ないことが弱点として挙げられます。

意外と弱点があるように思うかもしれませんが、低リンクモンスターの効果を使って更なる展開を狙いがちなリンク召喚主軸のデッキからすれば対抗するのは骨が折れるでしょう。

「影霊衣」テーマカードはこれでほとんど規制緩和されたことになり、「ユニコールの影霊衣」3枚積みしていなかった人にとっては完全に全盛期の力を取り戻したことになります。

昨今の大会環境に通用するかは難しいところですが、ファンとしては嬉しい話です。

こちらでは当サイトで組んだ「影霊衣」デッキレシピを紹介しております!

魔神儀が増え強化されたテーマ影霊衣(ネクロス) 暗黒の遊戯王9期で環境を支配していたテーマですが、ここ最近になり、魔神...

HERO」デッキ

E・HERO シャドー・ミスト

EHERO シャドー・ミスト」が規制解除されたことで強化されました。

特殊召喚成功時に「チェンジ」速攻魔法をサーチする効果、墓地へ送られた場合にHERO1をサーチできる効果を持っています。

特殊召喚することで「チェンジ」速攻魔法をサーチできるので、「マスク・チェンジ」をサーチすれば自身を使ってMHERO ダーク・ロウ」MHERO 闇鬼」に即座に繋げられます。

VHERO ヴァイオン」とは特に相性が良く、VHERO ヴァイオン」の召喚成功時の墓地肥やし効果でEHERO シャドー・ミスト」を墓地へ送ることで任意のHERO」モンスターをサーチし、VHERO ヴァイオン」2つ目の効果で墓地のEHERO シャドー・ミスト」を除外することで「融合」をサーチできるためアドバンテージの融合召喚の準備が即座に出来ます。

サーチ効果の幅が広く発動条件も緩いためEHEROMHERO以外でもHERO」デッキならとりあえずの採用を見込める優秀なカードです。

HEROという広い括りでは昨今強化が続いており大会環境でも結果を残しているため、今後の更なる活躍を期待できるかもしれません。

こちらでは「HERO」デッキレシピの紹介を行なっております!

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編6-の発売により「E・HERO」に新規カードが登場しました。 そこで新規カードを採...

今回の緩和についての評価!

「十二獣ドランシア」禁止カードから帰ってきたことは素直に喜ばしいですし、「深海」テーマの登場に合わせた「深海のディーヴァ」の規制緩和によって「海皇」「水精鱗」複合デッキも強化が見込めるかと思います。

今回は規制解除されるカードも多かったりと、全体を通しても良い感じの規制緩和だと評価できます。

環境上位で活躍していたテーマデッキが規制強化である程度の弱体化をした一方、規制緩和されたことで強化されたデッキもあるので大会環境の動きには要注目です。

コチラも読まれております!

2020年1月1日のリミットレギュレーション【禁止・制限】が本日ついに公開になりました! 今回のリミットレギュレーションは緩和...
2020年1月1日から適用される新しいリミットレギュレーションの内容が公開されました。 そこで今回は新リミットレギュレ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする