【遊戯王】2020年7月リミットレギュレーションで強化されるテーマを一覧で紹介!

202071日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公式から発表されました。

そこで今回は新リミットレギュレーションの規制改訂内容をおさらいしつつ強化されるテーマを紹介していきたいと思います。

2020年7月のリミットレギュレーションを軽くおさらい!

まずは今回の新リミットレギュレーションで規制改定が行われたカードを挙げていきます。

「リンクロス」制限→禁止

「輝白竜 ワイバースター」制限→準制限

「処刑人-マキュラ」制限→準制限

「ネクロフェイス」制限→準制限

「ローンファイア・ブロッサム」制限→準制限

「深海のディーヴァ」準制限→解除

「ドラコネット」準制限→解除

以上の7枚に規制改定が行われ、規制強化されたのは「リンクロス」のみで残り6枚は規制が緩和されました。

今回の規制改定が緩和傾向にあるのは前回のリミットレギュレーション適用以降、大会がほとんど行われなかったことも影響したのかもしれません。

「リンクロス」の禁止カード化は妥当という声も多く、ソリティア化を助長させていたことも確かだったので致し方ない結果だと言えるでしょう。

性能が高い「ネクロフェイス」「ローンファイア・ブロッサム」の規制が緩和されたのは予想外だった人も多かったかと思います。

今回は規制緩和によって強化されたテーマを紹介していきます。

スポンサーリンク

2020年7月のリミットレギュレーションで強化されるテーマ一覧

「ドラゴンリンク」デッキ

輝白竜 ワイバースター

ドラゴン族モンスターを主軸とし、展開力を重視したデッキ構築にすることで大量展開による制圧盤面の構築や切り返しを得意としています。

「星杯の神子イヴ」「守護竜エルピィ」等の禁止カード化によって弱体化を余儀なくされていたデッキではありますが、今回の「輝白竜 ワイバースター」の規制緩和により強化となります。

知っている人もいるかと思いますが、「ドラゴンリンク」デッキには「リンクロス」を採用しているタイプもあります。

それらに関しては「輝白竜 ワイバースター」準制限カード化による強化よりも「リンクロス」禁止カード化の弱体化の方が大きいのですが、今回紹介するのは「リンクロス」を搭載していないドラゴンリンクデッキとさせていただきます。

今回の規制緩和により「輝白竜 ワイバースター」「暗黒竜 コラプサーペント」によるアドバンテージ獲得が行いやすくなり、継続的なリンク素材として使うのはもちろん「竜の渓谷」等の手札コストとして用いることもしやすくなりました。

「酒ネクロ」デッキ

酒呑童子

「酒呑ネクロ」とも呼ばれ、「酒呑童子」「ネクロフェイス」の効果を何度も利用することでデッキ破壊を行うことをコンセプトにしたデッキです。

「ネクロフェイス」の規制緩和によってデッキを作りやすくなりました。

「ネクロフェイス」「酒呑童子」がアンデット族であることを活かし、アンデット族を主軸としたデッキ破壊デッキ、通称「アンデットデッキデス」デッキ「酒ネクロ」のギミックを組み込むという手もあります。

「酒呑童子」だけでなく「封印の黄金櫃」「孤高除獣」でデッキから直接除外した「ネクロフェイス」でデッキ破壊を行いながらも、「精気を吸う骨の塔」と「魔妖」の組み合わせによる大量デッキ破壊で残った相手のデッキを0にするという戦術が取れます。

種族とコンセプトにシナジーがあり、「酒ネクロ」だけでは足りない打点を「魔妖」で出せたり「精気を吸う骨の塔」では難しい相手に墓地アドバンテージを与えないデッキ破壊が「ネクロフェイス」なら出来たりとお互いの弱点を補うことも可能です。

スポンサーリンク

「六花」デッキ

六花聖ティアドロップ

リリースに関する効果を持つ植物族で統一された「六花」テーマを主軸としたエクシーズデッキです。

「ローンファイア・ブロッサム」の規制緩和によって展開力とデッキの回しやすさが強化されました。

元々植物族デッキであれば「ローンファイア・ブロッサム」は優先的に採用して損はないほどの優秀なカードなのですが、「六花」ではただ好きな植物族モンスターをリクルート出来る以上のメリットを生むことが出来ます。

「ローンファイア・ブロッサム」の効果は自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動出来るため、植物族モンスターをリリースするという行為そのものが「六花」テーマとシナジーがあります。

「六花精プリム」であれば「ローンファイア・ブロッサム」の効果でリクルートをしながらも手札の自身を特殊召喚して展開が出来ます。

当サイトでは「六花」デッキレシピの紹介も行っております!

3月7日に発売したデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズにて登場した新たなテーマの内の一つに「六花」が存在します。 今...

「海皇水精鱗深海」デッキ

海皇の竜騎隊

名前がややこしいですが、「海皇」「水精鱗」「深海」3つのテーマの複合デッキのことです。

いずれも水属性で統一されており、属性サポートカードや効果のシナジーにより複合デッキとは思えないほど状況に応じた柔軟な対応をすることが出来るというのが大きな特徴です。

「深海のディーヴァ」の制限が解除されたため、「深海のディーヴァ」の効果でもう1体の「深海のディーヴァ」をリクルートしたり、「深海のディーヴァ」の効果で「海皇子 ネプトアビス」をリクルートして更なる展開に繋げたりといった運用がしやすくなりました。

「深海のディーヴァ」の効果でリクルート出来るのはあくまでレベル3以下の海竜族に限定されるため、「水精鱗」モンスターのリクルートは出来ない点には注意が必要です。

コチラでは3つのテーマを掛け合わせた「海皇水精鱗深海」デッキレシピを紹介しております!

エターニティ・コードにて新たな水属性のカテゴリとして「深海」が登場しました。そこで今回は「深海」を採用した「海皇」と「水精鱗」の混合デッキレ...

【遊戯王】2020年7月リミットレギュレーションで強化されるテーマについてのまとめ!

毎回言っていますが、2020年5月〜6月はコロナウイルスの関係でほとんど大会が行われなかった為、規制を食らったカードは「リンクロス」だけで、後のカードは全て緩和という稀にみる結果となりました。

緩和については今後どの様な感じで大会に影響を及ぼすのかは未知数ではあるものの、強化できるテーマが多いことは個人的に喜ばしい結果とかと思います。

次のリミットレギュレーションがどの様に動くかは分かりませんが、まずは緩和されたカードを見てみて、強化できるデッキを探して見たい次第です。

関連記事はコチラ!

2020年7月1日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開されました。 規制強化がされたのは制限カードから...
2020年7月1日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開されました。 規制強化がされたのは制限カードから...
2020年7月から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開され、規制強化により弱体化されるデッキがある一方規制緩和により強化...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする