遊戯王2020年10月の制限改定で緩和されるカードを予想!【リミットレギュレーション】

遊戯王ではリミットレギュレーションの変更が定期的に行われており、202010月にも施行されるかと思われます。

新たなリミットレギュレーションが適用される前の月の中旬には規制改定の内容が公式より発表されるはずです。

そこで今回は202010月から適用される規制改定にて緩和されるカードを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年9月までの環境はどんな感じだった?

リミットレギュレーションと大会環境には密接な関係で、それは緩和に関しても例外ではありません。

現在規制されているカードの多くは以前環境で大活躍したデッキのキーカードであったり、出張性能が高く使用率が高かったカードです。

その中でも全盛期は強かったものの今は厳しく規制するほどでもないカードや、規制改定日付近に発売する新商品と好相性なカード等は比較的緩和されやすい傾向があります。

9月までの環境としては、様々なテーマデッキが活躍していました。

環境上位の常連である「オルフェゴール」デッキだけでなく、「エルドリッチ」「ヌメロン」「ドラグマ」「召喚獣」「シャドール」等のテーマデッキが大会で好成績を残しています。

他にも新規カード等の影響で「十二獣」デッキが大会環境に久々に帰って来たりと、本当に多種多様なデッキたちが競い合っているというのが昨今の環境です。

成績だけで無く使用率に関してもいずれかのテーマデッキが一強となっているわけではないため、優秀な結果を残すためには相手のデッキに応じた柔軟な対応が求められていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

遊戯王2020年10月の制限改定で緩和されるカードを予想!

「真紅眼融合」準制限カード化

真紅眼融合

このカードの緩和予想に関しては、規制強化によって「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」禁止カード化するのであればという前提があることをご承知おきください。

驚異のデッキ融合を可能にする強力な融合魔法ではありますが、重い制約もありますし何より強力過ぎると言えるほどの性能を持つ「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を出せなくなるのであれば制限カードに規制しなければならない理由も特にないかと思います。

現に「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」登場以前は規制もされていなかったので、「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」と入れ替わりに緩和されることは十分あり得るでしょう。

「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」準制限カード化

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

ドラゴン族デッキであればとりあえず採用が見込める優秀な効果と高いステータスを持っており一時期は禁止カードにまで規制されていましたが、エラッタ(効果テキストの変更のこと)によって自己特殊召喚と効果にカード名ターン1指定が付いたことで帰ってきました。

制限カードに復帰以降は大会環境に影響も与えていませんし、昨今発売したストラクチャーデッキR-ドラグニティ・ドライブ-はドラゴン族モンスターを扱うデッキですのでそれに合わせる形でこのカードの規制緩和があると予想します。

「処刑人-マキュラ」制限解除

処刑人-マキュラ

条件を満たすことで手札から罠カードを発動できるというトリッキーかつ強力な効果を持っていることから禁止カードにまで規制されていましたが、エラッタによって発動条件の難易度が上がり手札から発動できる罠カードも1ターンに1枚だけとなったことから緩和傾向にあります。

エラッタによる弱体化の影響は大きく、規制改定の度に順々と緩和されていながらも環境などには影響もないことから次の規制改定ではついに制限解除となるかと思われます。

「ネクロフェイス」制限解除

ネクロフェイス

このカードを何度も除外することで複数回効果を使用しデッキ破壊を行うというデッキが危険視されたために規制されていたこのカードですが、前回の規制改定で準制限カードに緩和された今もその影響は特にありません。

規制された当時に比べると遊戯王の環境そのものが大きく変わったためにそこまで危険視されるほどのカードではなくなったというのが理由かと思われます。

順々に規制緩和していっている流れのままに制限解除されるのではないかと予想します。

「輝白竜ワイバースター」制限解除

輝白竜 ワイバースター

「暗黒竜コラプサーペント」と対になる性能を持つことから闇属性・ドラゴン族モンスターと併せることでアドバンテージを稼ぎやすいのが魅力的であり、「守護竜」を主軸にしたドラゴン族デッキ等で多用されたことから一時期は制限カードに規制されていました。

前回の規制改定で準制限カードに緩和されたものの環境への影響は特に無かったことから更なる緩和も十分あり得るかと思います。

また2020103日に発売予定のワールドプレミアパック2020ではこのカードと同じく光属性と闇属性の除外に関わる「カオス」に海外先行されていた新規カードが加わり強化されるため、このカードの緩和を「カオス」強化の追い風にしたいという目論見もあるかもしれません。

「継承の印」制限解除

継承の印

装備魔法の蘇生効果である点は有用ですが、発動条件が限られているため用途や採用できるデッキが限られているのが特徴です。

このカードをバウンス出来る効果を持つモンスターを蘇生し、射出効果を持つモンスターと併せることでバーンによるワンキルを行うことが可能ではありますが射出効果を持つモンスターのほとんどが規制された現在では現実的な運用は難しいと言わざるを得ません。

準制限カードに緩和されている現在でも利用されているという話は聞かないため、制限解除しても何の問題もないかと思われます。

遊戯王2020年10月の制限改定で緩和されるカードを予想!【リミットレギュレーション】まとめ!

毎回、時期が来ると行われるリミットレギュレーションですが、規制の入るカードが気になる一方で、緩和されるカードも気になる方も多いのではないでしょうか?(とやかういう自分もその1人だったり)

前回のリミットレギュレーションが緩和されたカードの枚数が多かったですが、今回も環境の変化につき、上記の予想したカード以外にも緩和されるカードが出て来ることが予想されます。

リミットレギュレーション発表まで、後もうしばらくあることが予想されますが、今回の緩和されるカードについては期待が膨らむところです。

今回規制されることが予想されるカードの紹介についてはコチラ↓

遊戯王ではリミットレギュレーションの変更が定期的に行われるのですが、例年通りであれば2020年10月にも施行されるはずです。 ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする