遊戯王 2019年9月大会で環境に入ったテーマデッキ達を紹介!




2019年の9月も終わったところで、9月の大会環境について振り返りたいと思います。

活躍したテーマデッキやその特徴等も紹介しますので、大会に出たいもしくは出るつもりの人は参考にしてみると良いかと思います。

2019年9月の大会環境はどんな感じだった?

ヴァレルロード・S・ドラゴン

9月に起こった環境の変化として最も大きかったのは新リミットレギュレーションの発表です。

9月の上旬から中旬にかけてはドラゴンリンクデッキが大活躍をし、大会の上位にはかなりの頻度でドラゴンリンクデッキの姿があったほどです。

他にも「サンダー・ドラゴン」等も結果を残していましたが、ドラゴンリンクデッキの使用率の高さは頭一つ抜けていたといっても過言ではありません。

9月中旬に10月から適用される新リミットレギュレーションが公式より発表され、10月になる前から新リミットレギュレーション環境で行う大会も多く出てきました。

9月下旬では新リミットレギュレーションでドラゴンリンクデッキのキーカードが厳しく規制されたこともあり、ドラゴンリンクデッキは大会からその姿を消しました。

ドラゴンリンクデッキの弱体化によって大会環境の上位では、「サンダー・ドラゴン」「閃刀姫」、「オルターガイスト」「サラマングレイト」等のそれまでの閑居上位~中堅で活躍していたテーマデッキが熾烈な争いを繰り広げていました。

スポンサーリンク

2019年9月に大会で環境に入ったテーマデッキを紹介!

「サンダー・ドラゴン」デッキ

超雷龍-サンダー・ドラゴン

手札誘発効果と除外された場合の効果で展開やアドバンテージの獲得を行っていくのが特徴のテーマデッキです。

「超雷龍-サンダー・ドラゴン」を初手で出すことによって相手のサーチ効果を封じ、デッキの回転を妨害するという点が強力なのは今も変わりません。

それだけでなく「孤高除獣」を含めて闇属性の「サンダー・ドラゴン」モンスターの採用枚数を比較的多めにすることで「闇の誘惑」によるドロー加速&除外の戦法が無理なく使用できるのも優秀です。

デッキの6割以上をモンスターで構築しているケースも多く見受けられますが、手札誘発効果を持っている都合上手札にモンスターが多くても事故にならないという大きな利点もあります。

「サラマングレイト」デッキ

転生炎獣サンライトウルフ

サーチや墓地肥やしから蘇生などを駆使してモンスターの展開を行っていくことを得意としているテーマデッキです。

少ない手札消費からのアドバンテージ獲得能力はかなり優れているので、相手からの妨害がなければあっという間に有利な盤面の構築を狙うことも出来ます。

最近では3種類の墓地に関する効果の内1つを無効にできる手札誘発モンスター「屋敷わらし」を採用しているデッキが多く、相手の墓地利用を妨害できるのはもちろんのことミラーマッチでも活躍の場が多いカードなため優秀です。

新リミットレギュレーションでは「レディ・デバッカー」が制限カードから準制限カードに緩和されたため強化となり、サーチ手段を少しでも多く採用してデッキの回転力を更に上げられるようになりました。

「真竜」デッキ

真竜の黙示録

「真竜」と一口に言ってもデッキのタイプは色々あるのですが、環境で活躍しているのはアドバンス召喚軸でメタ要素の強い「真竜」デッキになります。

汎用メタカードによる相手の妨害だけでなく、「真竜」永続罠カードの効果で相手ターン中に除去効果を使ったりすることでデュエルの流れを掴んでいくことを得意としています。

特殊召喚を行わないため「強欲で謙虚な壺」を気兼ねなく投入出来たり、魔法・罠カードの割合が多いため「命削りの宝札」も使いやすいのでキーカードを手札に引き込みやすいです。

モンスターカードの採用枚数が10枚未満であるデッキが主流であり、その点は前述した2つのテーマデッキが持ちえない大きな特徴でもあります。

当然モンスターを複数体展開することもほとんど無いため「魔鍾洞」の採用もでき、またエクストラデッキを使わないのであれば「真帝王領域」も使えるので状況に応じて相手をロックできます。

新リミットレギュレーションによって「ドラゴニックDが禁止カードから制限カードになったことが強化となり、デッキの回転力が向上したのも環境で更なる活躍をしている大きな理由です。

2019年10月はどんな環境になりそう?

10月では9月同様に今回紹介したテーマデッキ以外でも「オルターガイスト」「サブテラー」等も活躍するでしょうし、最近大会環境でも姿を見かけるようになった「未界域」「クロノダイバー」には更なる活躍をして欲しい所でもあります。

10月は新リミットレギュレーションが馴染んでいく月になるでしょうし、そこで規制緩和されたカードを利用した新たなコンボの発見もあるかもしれません。

1012日には新しい基本パックであるイグニッション・アサルトが発売しますので、パックの目玉テーマである「@イグニスター」は環境に旋風を巻き起こすことが出来るのかも注目所です。

こちらでは10月に環境を取りそうなテーマを紹介しておりますので、是非参考にしていただけたらと思います!

2019年10月が始まったところで、9月の大会環境について振り返りそれをもとに10月の環境で活躍するテーマを予想していきたいと思いま...

こちらでは8月に行った9月の環境予想について紹介しております。

2019年の9月が始まったところで今月の大会環境について気になる人もいるかと思います。 そこで今回は9月の大会環境について私が...


【予約前日発送】[BOX][TCG]遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)(30パック)(CG1644)(20191012)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする