遊戯王 2019年1月に高騰したカードを理由とともに一覧で紹介!相場の動きも振り返ります!!

遊戯王カードをピン挿しで購入しようとしたりする際に気になるのは市場の相場価格です。

 

環境で活躍しているデッキに採用されたり汎用性が高かったりと値段が変わる理由は様々ですが、今回は20191月の相場や価格が高騰したカードを振り返っていきます。

2019年1月はもうすぐ終わるが相場の動きはどんな感じだった?

 

20191月に発売したパックと言えば112日に発売したブースターパック、ダーク・ネオストームがあります。

 

新規テーマの登場もありましたが、価格により大きな影響を与えたのは既存テーマの強化でした。

 

中でも「オルフェゴール」DHERO強化によって相性の良いカード等が見直され、既存カードの価格が高騰しました。

 

強化のかいもあり「オルフェゴール」は環境でも活躍していますし、環境と価格相場は深く関係しています。

 

コチラの記事では2019年1月前に今回の高騰を予想した記事となっております。

見比べてみると個人的にも面白かったので是非全開の予想を見ていない方はコチラを先に見ていただくとより楽しめるかと思います。

遊戯王の2019年1月に高騰しそうなカードを大予想!リミットレギュレーションや新パックが影響か!?

2019年1月に高騰したカード一覧

転生炎獣アルミラージ

「転生炎獣アルミラージ」

ジャンプフェスタ2019で先行販売されたプレミアムパック2019に収録されたリンク1モンスターです。

 

現環境で活躍中の「転生炎獣」テーマのモンスターであり、リンク素材が通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体と緩いためその汎用性が注目されています。

 

「クリッター」のような墓地へ送られた時に発動する効果をノーコストで能動的に使いつつ、リンク先も確保できるので用途は数多く考えられます。

 

そういった汎用性の高さから可能性を秘めたリンクモンスターと言えます。

 

現在価格が高騰しているカードではありますが、プレミアムパック2019201939一般販売されるのでその頃には希少性が薄くなり価格が多少下がることが予想されます。

 

コチラの記事では「転生炎獣アルミラージ」について詳しく紹介しております。

プレミアムパック2019に収録する新規カード「転生炎獣アルミラージ」効果を考察して運用方法を考案しました!

 

E・HERO ソリッドマン

EHEROソリッドマン」

Vジャンプ20183月号の付録として登場した下級EHEROモンスターです。

スポンサーリンク

 

このカードの価格の上昇にはDHEROテーマが強化されたことが影響しています。

 

このカード自体はEHEROなので新規融合モンスターのDHERO ドミネイトガイ」等の融合素材としては使えませんが、同パックに収録されたDHEROサポート効果を持つリンクモンスターXHERO クロスガイ」のリンク素材としては使いやすいです。

 

召喚成功時に手札のレベル4以下のHEROモンスターを特殊召喚する効果であり、単にXHERO クロスガイ」のリンク召喚に繋げたいだけなら似た効果を持つDHERO ドリルガイ」よりも特殊召喚するモンスターの指定が緩いのが主な利点です。

幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ

「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」

リンクヴレインズパック2に収録された「幻影騎士団」のリンク3モンスターです。

 

「オルフェゴール」テーマが新たに強化された影響もあり、「オルフェゴール」闇属性しか特殊召喚出来なくなるという制限に対して同じく闇属性で統一されたテーマの「幻影騎士団」は相性が良いです。

 

またリンクモンスターを素材にしてエクシーズ召喚できる「宵星の機神ディンギルス」と組み合わせることで、このカードのリンク先に闇属性が特殊召喚された場合に発動する除去効果も使いこなせます。

 

両方の条件を満たすことで2枚の除去が可能ですし、リンクモンスターであるという点も併用しやすいです。

 

夢幻崩界イヴリース

「夢幻崩界イヴリース」

 

フレイムズ・オブ・デストラクションに収録された「トロイメア」モンスターです。

 

こちらも「オルフェゴール」との組み合わせが注目されており、このカード1枚で「トロイメア・マーメイド」をリンク召喚しデッキから「オルフェゴール・トロイメア」を特殊召喚するというコンボが優秀です。

 

「トロイメア・マーメイド」の手札コストも墓地で発動する効果を持つ「オルフェゴール」テーマならメリットにしやすく、デッキの展開力と安定性を同時に向上させることが出来ます。

 

憑依覚醒

 

「憑依覚醒」

ジャンプフェスタリミテッドパック2019で登場したカードです。

 

性能的な意味でも「憑依装着」だけでなく「妖精伝姫」モンスターとも相性が良いため使い勝手がいいカードです。

 

性能も良いですが、このカードの高騰の理由はイラストアド希少性の高さにあります。

 

「霊使い」「憑依装着」といえば遊戯王ユーザーの中でも根強い人気を誇り、新規カードが出るのを楽しみにされているテーマでもあります。

 

イラストの良さだけが目的で欲しいと思う人も少なからずいますし、こちらはプレミアムパック2019と違っていつ再録するか全く分からないため希少性と需要が高くなる一方です。

 

まとめ

 

現在の環境で活躍しているテーマであったり過去テーマの強化の影響性能以外の需要など相場は絶えず変動しています。

 

2月に発売する20thアニバーサリーレジェンドコレクションではSin等の過去テーマが大幅に強化されますし、他にもデッキビルドパック、インフェニティ・チェイサーズ3種類の新規テーマが登場することも考えると市場の動きにも注目が集まります。